読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本町スタンダード研究所

スタンダード・インプット・アウトプット

相続税の矛盾

相続対策で一番効率がよいものは何か。 1.教育にお金をかける 2.会社を継がせる 3.資産を継がせる 2は会社を継ぐ能力も必要となることから、必然的にそれに伴う教育費も含まれることになるだろう。つまり2は1も含む。3の場合も財産管理の知識は必…

自由主義と法人税

日税連の機関紙である「税理士界」(平成28年11月15日付)に、「税理士が絶滅危惧種に陥る日」と題した記事がある。AIの進化によってしても、実質基準や事実認識の判断にはまだまだ及ばない。ましてや税務調査、税務相談は無理だろうというものであ…

スミスの租税原則

スミスの有名な租税原則。「能力にできるかぎり比例」という部分をとりあげれば応能負担説ととれる。一方で租税を「国家の保護」を根拠とし、不動産の管理費に例える部分では応益負担説であるともとれる。 ------------------------…

スミスの”戻し税”

スミスは輸出奨励策の一部として”戻し税”を理解している。そのうえで”戻し税”制度により「国内の税収は若干減少し、関税収入はかなり減少する。だが、産業の自然な比率、自然に生まれる分業と労働の配分は、関税や物品税のために多少なりとも乱されるのだが…

資本論第2巻

誰もが挫折する資本論第2巻。 ここでは資本家と労働者の対立は脇におかれ、資本の循環モデルを明らかにしている。 「純粋な資本の運動」を観測する中で資本主義社会の制約が浮かび上がってくる。 -------------------------- 「…

マルクスを読む意義

マルクスの理論はとてもシンプル。 フクザツに見えるのは、きっと世の中が物神的な世界におおわれているから。 忙しい現代人には日々の現象を追うだけで精一杯。 -------------------------- マルクスの理論化がわれわれにとって…

資本主義と市場原理主義

資本主義は仕組みとして不完全。これだけは間違いなく歴史において証明されている。 -------------------------- 世の中には民主主義と資本主義はともに手を携えて進んでいくという仮定が広くいきわたっている。実際はその関係は…

マルクス主義の思想的意義

社会全体を学問する。 これほど知的好奇心を刺激すことが、なぜ知的世界から失われ、そして今も失われ続けるのだろうか。 -------------------------- (日本におけるマルクス主義の思想史的意義) 第一に日本の知識世界はこれに…

資本論を読む

『資本論』は読む人によってさまざまに語られる。 経済学理論書であり、経済学批判書であり、文学作品であり、哲学書であり、ノンフィクション作品であり、予言書である。 いろいろな人が語るものを読むよりも、まず『資本論』そのものを読む。 100の解説…

マルクス恐慌論の論点整理

不破哲三氏が「科学的社会主義の理論の発展」で語っているマルクス恐慌論の整理が面白いのでまとめておく。資本論は一部完成稿、二部が新しく、三部は古い草稿をベースとしている。とくに第三部第1章~3章は第一部草稿後に手がけられており、資本論の執筆順…

マルクス著作・執筆年表

マルクスの著作を読む場合、どの時代のマルクスを読んでいるのかをたえずイメージすると面白い。『資本論』は一部完成稿、二部(2章以降)が新しく、三部がより古くに書かれている。その執筆の過程で認識及び理解に変化がある。 1844.2 「独仏年誌」に『ヘ…

アーミテージ・ナイ緊急提言

集団的自衛権の行使容認論、解釈改憲はそもそもアメリカとの共同作業か。 2010年の出版ということを考えると、だいぶ前から絵は描き上がっていたとみるべきなのだろうか。 ここまで筋書きができていると、単なる陰謀論では片付けられない。 知れば知るほ…

第三次アーミテージリポート

いまさらながら、第三次アーミテージリポートを読む。 原発推進、TPP推進、秘密保護法、武器輸出三原則の見直し、沖縄問題、中国脅威論、ホルムズ海峡の機雷掃海、防衛装備の拡大、集団的自衛権の行使、、、、。 今日本で議論されている重要な議論のほぼ全て…

イエス or ノー

景気は回復している、していない 格差は拡大している、していない 賃金は上がっている、上がっていない 汚染水は完全にブロックされている、されていない 日本の平和が脅かされる、されない 派遣社員が固定化される、されない ......... 同じことがらを見て…

戦争ビジネス

最近のニュースを時系列に並べて整理してみた。 これだけのことを安倍首相の信念だけで行えるはずは、まずないと思う。 戦争ビジネスに加わりたい経済界の後押しも大きいのではないだろうか。 三菱重工、川崎重工、富士重工、日立製作所、東芝、富士通、NEC…

ふるさと納税

ふるさと納税は高額納税者に対する税金のキャッシュバックである。 ふるさと納税は地元企業に対する公共事業である。 費用は自治体の負担である。 ふるさと納税で地方間の格差は拡大する。 どこかが増えれば、どこかが減る。 税の使い方を自分で決められると…

それでも住みたいフランス

パリ市街から北部のノルマンディー地区へ移動するときに延々と続く田舎道。大きなショッピングモールもレストランも看板もなく延々と菜の花畑が続く光景をみて”現地の人は普段どんな暮らしをしているのだろうか?”とふと疑問に思いました。ユニクロがありニ…

フランス旅行

新婚旅行でフランスに行ってきました。関空からアムステルダムを経由してパリのシャルルドゴール空港へ。飛行時間の合計は14時間ぐらい。 空港からパリ市街までのバイパスは落書きだらけで、よくもまぁこんなに隅から隅まで道路を落書きで埋め尽くせるなぁと…